【圧勝!?】化粧品のフィンジアvs医薬品のリアップを比較した!

フィンジアとリアップに効果の差があるのか?

フィンジアはどうしても、医薬品の成分であるミノキシジルを使用しているリアップより効果が劣ると思われがちです。

しかし、そんなことはありません。商品を比較する場合は、単に商品の種類で判断するのではなく、商品に配合されている成分の効能を見ないと正しい評価はできません。

また、使用する人の年代によっても、必要性が異なってきます。

フィンジアとリアップを比較しても意味のないことはこれから説明しますが、その前に両者の違いを知っておくことが肝心です。

フィンジアとリアップの主な違い

フィンジアとリアップでは基本的に商品の分類が違います。

育毛剤は成分や使用用途によって分類が定められます。主な分類としては「医薬部外品」が多くなっていますが、フィンジアは「化粧品」、リアップは「医薬品」に属しています。

育毛剤に多い医薬部外品では、厚生労働省が定めた範囲でもって成分を使用したり、濃度を設定したりできます。効果や効能の表記に関しても、規定の枠内であれば問題視されません。

この「範囲」があるため、医薬部外品では勝手に効果の強い成分を使うことや、濃度を高くすることが認められません。

フィンジアが化粧品になっている理由

化粧品として仕訳けられているフィンジアは医薬部外品と比べると、使用できる成分や濃度の規定がゆるやかになっています。

つまり、規定に逸脱しなければ、成分の配合や濃度の設定に対して、メーカーが制約を受けることはありません。

フィンジアが化粧品である理由は、主成分のキャピキシルとピディオキシジルが医薬部外品に含まれていないからです。

臨床試験によって効果が実証されているのに、医薬部外品になっていません。そこで、あえて含有しても問題のない化粧品として扱うことにしたということです。

化粧品であれば、成分や濃度をメーカーが自由に決められます。ただし、その効果を謳うことはできません。

リアップは第一類医薬品として販売している

リアップは成分のミノキシジルが医薬品であるため、当然医薬品として販売されています。その発毛効果は公的に承認されており、発毛剤という名前の使えるのは日本では唯一リアップだけです。

医師の処方箋が要らないことから自由に購入できますが、第一類医薬品のため、販売は効能や注意事項を説明できる薬剤師のいるドラッグストアに限定されます。

ミノキシジルは日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインで、Aランクの『強く推奨する』とされるほど、強い効果を発揮します。

注意
ただ、強い効果の裏返しで、副作用のリスクが高くなっており、8.82%という確率で何らかの影響が出ます。使用する場合はそのことを念頭に置くべきです。

フィンジアとリアップのメリットとデメリット

フィンジアとリアップにはそれぞれ以下のようなメリットとデメリットがあります。

フィンジアのメリットとデメリット

フィンジアのメリット

フィンジアのメリットには以下などが挙げられます。

  • 主成分の臨床試験が数多く行われています。
  • カプサイシンの刺激が成分の浸透を促進します。
  • DHTの生成を抑制する成分が配合されています。
  • 副作用の心配が全くありません。
  • 全額返金保証制度によって使用に対する不安がありません。
豊富な臨床試験

フィンジアは化粧品とはされていますが、成分に対する臨床試験は医薬品並みに行われています。

試験におけるデータの中には、主成分であるキャピキシルの髪の成長活性化率がミノキシジルの3倍というものもあります。

他方、ミノキシジルの誘導体であるピディオキシジルは副作用が出ないだけではなく、その効果はミノキシジルとほとんど変わりません。

実際に、マウスを使った実験の結果、生えた髪の重さにおいて、ミノキシジルとピディオキシジルの間に大した差が出ていません。

カプサイシンにおけるゲートアクセス理論

フィンジアの成分の1つカプサイシンは、トウガラシの辛味成分でもあります。

カプサイシンによる刺激が頭皮の毛穴を広げ、汗を出させる働きをします。この効果を理論化したのが「ゲートアクセス理論」です。

育毛剤は当然、成分が毛根に行き渡ることで効果が現れてきます。それを成し遂げるのがカプサイシンのほど良い刺激です。

DHTの生成を抑制する成分の含有

フィンジアにはAGAの原因となるDHTの生成を抑える成分が含まれており、それが、ヒオウギエキスです。

ヒオウギエキスはDHTの生成を促す働きをする酵素の5αリダクターゼの働きを抑え込む効能があります。

さすがのリアップにもこの効能は備わっていません。

フィンジアは副作用の報告が皆無

フィンジアには副作用をもたらすような成分は含まれていません。事実、発売以来利用者からも副作用に対する問い合わせが無く、それが安全の証明とも言えます。

全額返金保証制度による万全の保証体制

全額返金保証制度とは、使用していて一度でも体に合わないと感じたら、商品代金を返金してもらえる制度のことです。

育毛剤は価格が高いため、購入に躊躇することがあると思いますが、フィンジアの返金制度によって気が楽になります。

フィンジアのデメリット

フィンジアのでデメリットには以下などがあります。

  • 価格が高額になっています。
  • ネット通販を利用しないと購入できません。
高い価格

フィンジアは正直、リアップよりかなり高くなっています。

  • 単品:13,440円
  • 1本定期コース:9,980円
  • 3本セット1本当り:11,600円
  • 3本セット定期1本当り:8,967円

一番安いものを選んだとしても、1本当たり8,967円です。リアップの場合、定価は7,611円ですが、実勢価格が7.000円程度であるため、フィンジアよりも約2,000円安く購入できます。

フィンジアは海外製の成分を主に使用しているため、どうしてもコストがかかります。その分が商品価格に反映されてしまいます。

購入はネット通販のみ

フィンジアはドラッグストアなどで購入することができません。ネット通販に限定されます。

ネット通販にしている理由は、販売コストを削減することで商品価格を抑えることができるからですが、反面すぐには手に入れられません。

リアップのメリットとデメリット

リアップのメリット

リアップのメリットは以下のことなどです。

  • 発毛の効果が臨床試験で実証されています。
  • 日本皮膚科学会から強く推奨されています。
  • 広い認知度があります。
  • 実店舗での購入が可能です。
効果が実証済み

リアップの販売元は大手製薬会社の大正製薬ですが、長年に渡って臨床試験を積み重ねてきました。写真を添えたデータは医師の判定を受けており、信頼性の高いものがあります。

信頼性の高さを象徴するかのように、公式サイトに試験結果が公表されています。公式サイトのグラフによると、1年後には98%の人に効果が現れています。

個人の感覚ではなく、事実としてその効果が認められているということです。

学会からの強い推奨

日本皮膚科学会が提供しているAGA(男性型脱毛症)の治療ガイドラインでは、リアップに含まれる主成分のミノキシジルがAランクの評価を得ています。

Aランクの場合は、治療における使用を「強く勧める」という位置づけになります。専門家から最高の評価を得ている証です。

広い認知度

薄毛を気にしていない人でも、「リアップ」の名前を知らない人は少ないのではないでしょうか。テレビで散々リアップのCMが流れていることから、その認知度は計り知れません。

しかも、販売元の大正製薬を知らない人などおらず、それが安心感にも繋がります。人間誰しも、商品を購入する時は知っている商品を買いたがるものです。

その点で、リアップの認知度は絶大な効果があります。

実店舗での購入が可能

リアップは一般用医薬品のため、薬剤師のいるドラッグストアならどこでも購入できます。

買い物ついでに購入できるという利便性があります。ただし、薬剤師から使用方法の説明や注意事項を聞くことが必須となっています。

リアップのデメリット

リアップのデメリットには以下のことなどが挙げられます。

  • 皮膚や循環器に副作用を生じる可能性があります。
  • 対象がAGAに限定されます。
  • 脱毛を抑制する成分は含まれていません。
  • 返品や返金の制度が設けられていません。
  • 広告宣伝費が商品の価格に転嫁されている懸念があります。
副作用の発生

注意
リアップは副作用の可能性のあることが否めません。主に、かぶれや湿疹など皮膚に現れますが、ミノキシジルの性質から、循環器系の臓器に症状の出ることも少なくありません。

 

データによると、副作用の発症率は8.82%と高い数値になっており、特に心不全などの重い症状があった場合は、すぐに受診することが肝心です。

効果はAGAだけ

リアップの効果が発揮されるのは、AGA(男性型脱毛症)だけです。AGAは30代後半から現れる薄毛の症状であり、20代から30代前半の若年性脱毛症とは異なります。

脱毛を抑制する成分の含有は無し

リアップの重要成分であるミノキシジルは、頭皮の血流を改善して、毛根を活性化させることが主だった働きになっています。

つまり、「発毛」が目的になっており、「抜け毛」を抑える効果は大して望めません。

また、リアップではミノキシジル以外に目立った有効成分は配合されていません。その点は物足りなさを感じます。

いざという時の保証が無し

一般的に、通販タイプの育毛剤には全額返金保証制度が確立されており、使用における不安が払拭されています。しかし、リアップにはそういった保証制度がありません。

副作用の可能性の高いリアップに、保証制度の無いのは不安が残ります。仮に、副作用が生じた場合は利用者はあきらめる他に道はありません。

広告宣伝費への負担

リアップの広告宣伝費はCMを始め、かなり高額になっているはずです。逆に、それだけ広告しているからこそ、広く認知されているとも言えます。

ただ、企業である以上、高額な広告宣伝費を商品の価格に転嫁していることは十分に考えられます。つまり、広告宣伝費を利用者が負担しているということになります。

フィンジアとリアップあなたにおすすめは?

商品には完璧なものなどあり得ないので、必ずメリットとデメリットが存在します。ここで、改めてフィンジアとリアップのメリットとデメリットを見てみます。

1.フィンジアのメリット

  • 豊富な臨床試験
  • 高い浸透力
  • 抜け毛の予防効果
  • 副作用に対する安全性
  • 万全な保証体制

2.フィンジアのデメリット

  • 高額な価格
  • 限定された購入方法

3.リアップのメリット

  • 実証されている発毛効果
  • 学会からのお墨付き
  • 広い認知度
  • 購入における利便性

4.リアップのデメリット

  • 高い副作用発症率
  • 効果はAGAに限定
  • 抜け毛に対する対応が無し
  • 保証体制の未整備
  • 広告宣伝費の負担

30代後半以降の人に適したリアップ

リアップの効果が発揮されるのはAGAです。従って、30代後半以降の壮年層の人に適した商品です。

既に、薄毛の進行している人にとっては、発毛効果の高いリアップがふさわしいと言えます。若い人でも、薄毛の範囲の広い人は使用する価値があります。

発毛効果は立証されています。

20歳から30代前半の人に適したフィンジア

MEMO
20歳から30代前半の人にはフィンジアがおススメです。若年層の場合は様々な要因が絡んでくるため、リアップは適しません。

 

若い人はまだ薄毛が初期段階であり、必要な効果に比べて副作用のリスクが大き過ぎます。

 

フィンジアなら、育毛と脱毛防止が一緒に望めます。当然、髪の状態によっては壮年層もフィンジアを使用すべきです。

 

商品を選択する時は、効果の強さではなく、自分の髪の状態に即したものを選ぶべきです。