【使い方めちゃ大事】フィンジアの効果を100%以上引き出す使い方!

公式サイトが推奨するフィンジアの使い方の基本

いくら、フィンジアの効力が高いとはいっても、使い方を間違えていては元も子もありません。適切に使用するからこそ、以前のふさふさした髪が蘇ります。

フィンジアの適切な使い方は基本を守ることに尽きます。公式サイトを見れば、使うタイミングや使う回数、手順などを確認できます。

公式サイトに記載されていることが、メーカーの責任として自社製品の効果が発揮される使用方法を示したものです。この使用方法を守ることが効果を得るための前提と言えます。

フィンジアは1日2回の使用を守ること

フィンジアはルーティンワークのように1日2回、朝と夜に必ず使うことが「成功の秘訣」です。使い続けることで、成分が頭皮に浸透します。

男性の薄毛はほとんどがAGA(男性型脱毛症)と言われていますが、AGAは進行性を特徴としています。

そのため、フィンジアの使用直後は効果が表れたとしても、使用を停止するとすぐに元に戻ってしまいます。

つまり、1日1回の使用だと、次回の使用までの間に空白の時間ができてしまうため、フィンジアの効力が発揮できない内に、AGAが進行してしまいます。

頭皮にフィンジアの成分を切らさないことが、薄毛の改善には最も重要となります。

フィンジアにおける適量?

MEMO
フィンジアの使用における適量は、改善したい箇所に1回5~10プッシュ塗布することが目安になっています。フィンジアは1ヶ月分とされている量が50mlと少ないため、頭皮全体に使用するには無理があります。

 

また、5~10プッシュと幅が広くなっているのは、使用する人によって適量が異なるからです。5プッシュで済む人がいれば、10プッシュを必要とする人もいます。

 

必然的に、自分の薄毛の状態によって使用する量を変えることが必要になります。

 

フィンジアの内容量からすると、1回に7~8プッシュ、1日2回で15プッシュが適量になります。その量で使っていると、1ヶ月で使い切るという計算が成り立ちます。

頭皮は清潔にしていることが必須

フィンジアはもちろんのこと、育毛剤というのは成分を頭皮に浸透させることで効果が発揮されます。皮脂や汗などで毛穴が塞がれているようだと成分が浸透しません。

ただし、シャンプーのし過ぎは髪や頭皮に却って悪影響を与えます。夜にシャンプーをしたら、朝はしなくても構いません。起床時の頭皮はそれほど汚れていません。

朝は髪をセットする前に塗布し、夜は入浴後に塗布するのが、フィンジアの基本的な使い方です。特に、入浴後は身体が温まったことで血流が良くなっており、成分が浸透しやすい状態にあります。

フィンジアの効果をさらにアップさせる使い方

公式サイトで推奨されている使い方だけでは、多くは望めません。ちょっと手を加えるだけで、フィンジアの効力がより高まり、その差が歴然になります。

フィンジアの使用はドライヤーで乾かした後

フィンジアの使用はシャンプー後がベストですが、髪が濡れた状態で塗布しても効果が半減します。

髪が濡れた状態だと、成分が水ではじかれる上、水で薄められた成分が頭皮に浸透することになります。

そこで、ドライヤーを使って髪を乾燥させます。ただ、乾かし過ぎて髪や頭皮を傷めてもいけないので、湿り気が残る程度にしておきます。

フィンジアを単に塗布しただけでは駄目!

MEMO
フィンジアは整髪料ではありません。単に髪にプッシュしても、成分が髪についただけでしかなく、肝心の頭皮には何の効果も与えられません。

 

プッシュする時には髪をかき分けて頭皮を出し、頭皮を見えるようにしてから行います。そして、その後が重要なポイントになります。

 

指の腹全体を使い、優しくマッサージしながら頭皮に成分を擦り込むようにします。頭皮をほぐすように、まんべんなくマッサージします。

 

このマッサージによってフィンジアの成分が頭皮に染み込むとともに、血流が改善されることで毛を生成する毛根の働きが活性化します。

 

さらに、マッサージの最後に頭頂部にあるツボの「百会」を数回押すと、効果がアップします。

 

百会の場所は、頭頂部を通して両耳を真っすぐに結ぶ線と、鼻と後頭部を真っすぐに結ぶ線の交わった点にあります。

 

百会は多くの経絡(けいらく=気血の通路)の集合点になっており、昔から万能のツボと言われています。

 

百会のツボを刺激することが薄毛の改善にも繋がります。百会への刺激によって頭皮の血流が良くなることで、毛根の中にある毛乳頭や毛母細胞に栄養が生き渡り、髪の生成が促進されます。

半年間は継続しないと効果が分からない

フィンジアを使用したからといって、1週間や2週間で髪が生えてくるわけではありません。1ヶ月経って効果が見えないからといってあきらめていたら、一生薄毛を治すことはできません。

髪には「毛周期」と言うヘアサイクルがあり、休止期→成長期→退行期→休止期を繰返すようになっています。

髪は退行期に入ると何もしなくても自然に抜け、成長期になると新しい髪が頭皮から出てきます。その退行期は2~3週間、休止期は約3ヶ月あります。

つまり、休止期の髪が成長期に入って生えてくるかどうかを見なければ、フィンジアが効いているのかどうかは判明しません。最低でも、半年間は様子を見る必要があるということです。

髪の毛周期には個人差があります。サイクルの短い人もいれば、長い人もいます。フィンジアが自分に合うのかどうかは半年間使ってみてから、決めても遅くはありません。

フィンジアで絶対に欠かせない使い方

フィンジアを使用する上で、絶対に欠かしてはならないことを3つお伝えします。これをしないなら、フィンジアを使う意味がありません。

夜の使用は必須

フィンジアは朝と夜の2回使うことが基本ですが、中でも夜の使用は絶対です。やむを得ずに朝は抜かしても、夜の使用をあきらめると、折角の苦労が台無しになります。

 

その理由は、細胞の生成や修復に欠かせない成長ホルモンが就寝中の時間である22時~2時に最も多く分泌されるからです。

 

髪も細胞によって形成されており、この時間帯にフィンジアの成分が頭皮に浸透すると、成分の効能と成長ホルモンの働きが融合し、髪の生成に相乗効果が発揮されます。

 

その効果は絶大であり、だからこそフィンジアの夜の使用が欠かせないのです。

 

そして、夜の使用には以下の最適な条件が揃っています。

深い眠りによる成長ホルモンの分泌

成長ホルモンは脳を休めるノンレム睡眠時に最も多く分泌されます。従って、これから活動しようという朝より、眠りに入る夜にフィンジアを使った方が効果が倍増されます。

きれいで清潔な頭皮

夜の使用は入浴後の頭皮がきれいな時に行われます。フィンジアの成分を浸透させるには最適な環境です。

さらに、入浴によって体が温まったことで、血流が良くなっています。フィンジアの成分が毛根に繋がる毛細血管にまで運ばれるようになります。

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージはそれだけでも、薄毛の改善に役立ちます。マッサージによって血流が良くなれば、髪に必要な栄養素が毛根に行き渡るようになります。

栄養素にフィンジアの成分が加わることで、毛根の働きが活性化し、髪の生成が促進されるとともに、脱毛が防止できます。

マッサージをすることがフィンジアの効果の拡大に繋がります。

マッサージ自体は難しくありません。両手の指の腹全体を使って、優しくもみほぐすだけです。

前頭部・側頭部・後頭部のそれぞれの生え際から頭頂部へ向かってマッサージします。最後に、頭頂部にある百会のツボを押して完了です。

このマッサージを毎日、フィンジアの塗布後1分間行います。この習慣が身に付けば、薄毛の改善効果が倍増します。

使用を中止するシャンプー

入浴時に使うシャンプーの中には、フィンジアの効果を阻害するものがあります。例えば、シリコンシャンプーです。

シリコンシャンプーは髪の表面をコーティングすることで外部の刺激から髪を守ったり、指の通りを良くしたりするメリットがあります。

ただ、髪の周りがシリコンで固められ、毛穴までシリコンで塞がれてしまうため、フィンジアの成分が毛根まで届かなくなります。

シリコンシャンプーの使用は即時に中止しないと、フィンジアをプッシュするだけ無駄になります。

シャンプーを選ぶ時はノンシリコン系で、且つ添加物を削減してあるものにすることが最低条件です。フィンジアのシャンプーはその条件に適っています。

まとめ

フィンジアの正しい使い方の基本は以下の通りです。

  • 毎日朝と夜の2回使う。
  • 1回の使用量は7~8プッシュを目安に薄毛の状態に合わせて増減させる。
  • 髪と頭皮は必ず清潔に保つ。

基本の使い方に加えて、以下のことをすると効果がアップします。

  • 湿り気が残る程度にドライヤーで乾かしてから使う。
  • 頭皮に成分が染み込むように、プッシュした後はマッサージをする。
  • 半年間は必ず使い続ける。

日々の小さな努力が大きな効果となって表れてきます。ただし、やらなければ時間とお金の無駄遣いになります。

そして、絶対に欠かしてはいけない重要なポイントが以下のことです。

    • 夜のフィンジアの使用。
    • 頭皮のマッサージ。
    • シリコンシャンプーの使用中止。

フィンジアの価格は決して安いとは言えません。その高額な費用を生かすも殺すも使い方次第です。

フィンジアを上手に使って、かつてのふさふさした髪を取り戻してください。